アーカイブ | 6月 2016

  • 肥満とホットヨーグルトと高度肥満について

    体脂肪が大幅に蓄積してしまうと、それは肥満になります。高血圧や糖尿病予防や改善を必要とするレベルとなるのが、BMIが25以上の肥満症であう。さらに数値が35以上になると、診断は高度肥満になります。高度肥満症になる要因はひとつではなく、複合的な要因が考えられます。肥満のレベルの食べ過ぎだけが問題ではなく、遺伝も関連していると言われています。高度肥満症は、平均的な寿命が標準体重よりも短くなると言われています。 高度肥満症での合併する病気として、いくつもの種類が挙げられます。インシュリンへの成功性が高くなるのが肥満体であり、糖尿病の合併症は少なくはありません。血糖コントロースが順調にはいきませんから、肉体への負担も大きくなります。心臓病や高血圧、関節炎や睡眠時無呼吸症候群なども合併する病気として挙げることができます。 肥満は無理のないダイエットで、健康体重までダウンさせましょう。ホットヨーグルトは簡単に作ることができて、健康的なダイエットを手伝ってくれます。冷たいままのヨーグルトを冷蔵庫から出して、そのまま食べるのは、ダイエットでもよくあるパターンです。でも冷たいと内蔵を冷やすことになりますから、体内に脂肪を余計に蓄えやすい状況を整えることになります。 ホットヨーグルトは、そのネーミングの通りで、ヨーグルトを温めて食べる方法です。おいしく食べても、内蔵は冷えませんし、逆に暖かくなります。ホットヨーグルトにして食べることで、有効成分型以内で吸収されやすくなります。乳酸菌の活動も、腸内で活発に行うことができるようになります。ホットヨーグルトは便秘解消になりますから、ダイエットのこころ強い味方になります。