アーカイブ | 5月 2016

  • 肥満解消に1ヶ月10キロも痩せは生理周期を狂わせる

    自分の肥満体型を解消するために、日々ダイエットに励む方は非常に多いです。 以前の食事内容を見直したり、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動や、筋力トレーニングなどの無酸素運動を積極的に行っている方も多いのではないでしょうか。 確かにこれらはダイエットに必須ですし、痩せやすい体作りには決して欠かすことのできない作業でしょう。 しかしこういったことをやり過ぎるのも、肥満を解消するためにはかなり効率が悪いのです。 ダイエットをしようと決意した時、例えば1ヶ月10キロ痩せてやろうと意気込むのは無理もありません。 肥満解消を決意した当初は、なるべく頑張って続けようという気持ちになるのは当たり前です。 しかし1ヶ月10キロも痩せようとすると、すぐに停滞期が訪れてしまいます。 これは体がこれ以上痩せるのは危ないというシグナルを発するためで、体重がなかなか減らない期間に入ってしまうのです。 この時に人は挫折をしてしまい、また元の生活に戻ってしまいます。 運動をせずに以前の食事内容に戻した結果リバウンドをしてしまい、もう今後ダイエットなんてやらないという気持ちにさせられることでしょう。 こうなってしまっては、健康的な将来は絶対に訪れません。 また急激なダイエットは、女性にとっても良くありません。特に生理周期が遅れてしまうなど、体の内側に様々な不調が起こってしまいます。 生理周期は将来出産をするために大事な機能ですし、なるべく遅れないよう健康的に減量を行うべきです。 そのため1ヶ月10キロではなく、最高でも5キロ程度にとどめておくことが重要です。 生理周期を崩すことなく、無理なく痩せることができるでしょう。 ストレスを溜めずになるべく長く楽しみながら続けることが、健康的に肥満を解消するために何よりも大切なのです。